パソコン前で計算

残業代請求の示談交渉では会社とどんな話をするのか

考える男性

残業代請求の解決には会社側と任意の話し合いによる示談交渉を行い双方の合意で解決する方法と公的機関や法的措置など第三者の介入で解決する方法の2つがあります。どちらの方法でも残業代請求できますが早期解決を目指すなら示談交渉が向いています。
示談交渉は当事者間で行われる任意の話し合いなので手続きや申請などが必要なく双方が合意した瞬間に残業代請求が完了します。任意とはいえ合意内容を書面に残しておけば法的有効性も認められるので後々問題になるリスクもありません。
実際の示談交渉での話し合い内容はほぼすべて金額に関する内容です。残業代請求は満額支払われるのが理想ですが会社側はそう簡単に支払い金額に合意しません。そもそも支払うべき残業代を未払いするような会社なのですから残業代請求があったからといって素直に支払うはずがないのは当然です。
示談交渉では集めた証拠を提示したり請求金額の根拠となる計算を示したりと残業代請求が正当なものであることを主張します。会社側は1円たりとも支払いに応じなかったり話し合いの席につかないケースもありますが、示談交渉の席についたのであればなるべく金額を下げようと交渉してきます。手強い会社を相手にするには法律事務所に相談して万全の交渉対策を整えておくことが重要です。

残業代請求の前に自分で確認しておくべきポイント

労働者の権利として未払いの残業代請求に動き出す人が増えています。残業代請求について法律事務所に相談に訪れる人も急増していますが、中には準備不足が目出すケースも見られます。大切な残業代を勝ち取るためにもまずは残業代請求にむけて見落としがないか確認することが大切です。
労働条件や雇用契約は必ず確認しておきましょう。残業代については労働基準法で決められていますが、労働条件や雇用契約により一般的な残業代支払いとは異なる取り扱いが認められているケースも少なくありません。例えばみなし残業代として固定金額が既に支払われていたりフレックスタイム制で残業代が発生しなかったりなど、どのような職場でも残業代の扱いが同じというわけではなく残業代ケースが不可能なケースも多々あります。まずは契約書や就業規則をチェックし残業についての取り扱いがどうなっているかを確かめてください。
会社内の手続きミスで残業代が支払われていない可能性も疑う必要があります。本来であればきちんと残業代が支払われるのに書類や伝達ミスで残業代が計算されていない可能性は否定できません。まずは上司や経理に確認しましょう。残業代請求に動くのは会社側が明確な意志を持って残業代を未払いしていることが確認できてからでも遅くありません。

残業代請求にはどれくらいの費用が掛かるのか

法律事務所に相談をして会社に残業代請求を行った場合、当然費用が掛かります。弁護士に相談をするとすぐ裁判になるというイメージを持っている方もいるかもしれませんが、残業代請求のほとんどが弁護士同士のやり取りで済ませられるものであり、依頼主が全く対応をしなくても良い場合もあります。裁判を行わずスムーズな手続きで残業代請求を成功に導いてもらえるのだとしたら、その費用の相場というのは、どれくらいなのでしょう。費用の設定は、法律事務所によっても異なりますが、相談料や着手金が無料で、成功報酬のみのところが実にたくさんあります。もし万が一、残業代が支払われなかったとしたら、全く費用が掛からないというわけです。また、来社不要で電話での相談だけでOKのところも多く、全く面倒な手続きや証拠集めの必要もないので、余計なコストが一切掛からないように配慮されています。もし、これまで費用面の不安があり、弁護士に依頼をすることをためらっておられるなら、その心配は不要です。まずは気軽に専門の法律事務所に相談してみましょう。残業代請求には、2年という時効があるので、ためらっている時間の分だけ損をすることになってしまうので注意してください。

速やかに残業代請求に関する対処をしてくれるのが【千代田中央法律事務所】です。実績豊富なため安心して依頼できるだけでなく、無料相談から始められますので、お気軽に相談してみてください。

Pickup Contents

  • 残業代請求は時効切れになる前に行うのがおすすめ

    定時を過ぎて労働をしたのに残業代が手当てされない場合、そのまま請求せずに過ごしてしまうのは勿体ないことです。法律事務所に相談して法的方法で会社を相手取ることで、不払いだった残業代を取り返すことが可能です。ですが残業代請…

    more
  • 会社員が残業代請求で法律事務所を活用するときの基本とは

    新卒の学生が企業に就職する場合には、担当者から勤務時間についての説明は受けても給与システムについて教えてもらえないことがあります。したがって20代の会社員の残業代不払いの問題は深刻化する傾向が強く、早期に法律事務所に相談する必要があり…

    more

Notice

  • 残業代請求ができないケースやリスクを防ぐポイント

    通常の労働時間をオーバーした場合、残業代として給与に加算されますが、その対価である残業代が支払ってもらえない事例も多くなっています。…

  • 残業代請求を自分で行うことは可能!もしダメなら法律事務所へ相談

    残業代請求を自分で行うことは可能です。働いた分の給料として、残業代を支払ってもらう正当な権利があるので、それを雇用主に主張して支払うよ…